HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブログ > 薬剤師の同業種内での転職はスキルアップや給与アップが期待できる?

薬剤師の同業種内での転職はスキルアップや給与アップが期待できる?

ブログ

薬剤師が同業種内で転職する事は珍しい事ではありません。最近では家族の転勤などで転職する人が多く、求人は増加傾向のようです。

高給与の求人を探すならこちらの転職サイトがオススメ!

同業種の転職のメリット

薬剤師にとって同業種で転職をする事には大きなメリットがあります。

多くの場合、「スキルアップ」の為に転職すると言うケースが多いようです。女性に関しては、結婚や配偶者の転勤、育児の為にパートとして転職する場合もあります。

「スキルアップ」という点では、転職することで新しい診療科の処方に携わる事や、チーム医療に参加する事も可能です。今までと違った経験を積むことで、スキルを磨くことが出来るのです。

また「研修制度が充実している職場に転職して、認定薬剤師専門薬剤師といった資格取得を目指せるようになった」と言う薬剤師さんもいらっしゃいます。

転職でスキルアップを目指す方にオススメの転職サイトはこちら!

更には同業種内での転職の為、「仕事内容が分かっていたので転職先に馴染む事が出来た」と言う方もいらっしゃいます。普通は、初めての職場で不安になりがちですが、仕事の流れが分かっていると、余裕を持って職場の人間関係にも配慮しやすいようです。

また、「転職したことで給与が上がった」と言う方もいらっしゃり、前職での経験がそのまま給与に反映してくる点も、同業種への転職はかなり有利となります。

同じ薬剤師でも業務が異なる場合もある

同じ薬剤師であっても「病院」と「調剤薬局」では同じ薬剤師業務でも多少異なる点が多いと言う場合もありますので、その点を考慮するとやはり同業種内での転職の方が圧倒的に有利となります。

女性の場合に多い転職理由ですが、薬剤師の正職員からパートを希望する場合があります。

そう言った場合も同業種内での転職であれば、例え短期間・短時間であっても仕事に慣れやすい事もあり、時間や休日に余裕が出ると言うメリットがあります。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜