HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブログ > 他業種から薬剤師へ、転職事情と「実務未経験」の意外なメリット

他業種から薬剤師へ、転職事情と「実務未経験」の意外なメリット

ブログ
カフェ店員

ライター:RAY

「薬剤師の資格はある」と言う方でも、実際に学生からの就職活動で
「希望の職場に巡り合えなかったので取り敢えず他業種に就職した」と言う方も多いと聞きます。

意外と多い「実務未経験可」の薬剤師求人

他業種から薬剤師に転職する事は難しい事なのでしょうか。

決してそうではありません。

前職が薬剤師ではないからといって極端に就職が難しいと言う事も無いのです。

薬剤師自体は、「未経験でも可」と言う薬局などもあり、資格さえあれば前職はあまり考慮されない職場もあります。

もちろん前職が、医薬品関連の企業やドラッグストア等で営業販売をしていた場合は、かなり薬と近いところで働いていた経験もあるということになります。
そういった場合は転職には有利となります。

実際のところは、ブランクがあったとしても「医薬品に関する経験がある」と言う事は資格としてとても有利に働いてくれるのです。

研究職は敷居が高い?

しかし「研究職への転職」と言った場合は別です。

研究

関連業務の経験の有無は重要なので、全く経験が無い場合や、薬と遠い職業に就いていた場合などは、かなり困難です

「実務未経験から転職を考えるのであれば、調剤薬局等が無難」と多くの転職成功者の方が言われています。

転職先で経験を積むことで、更なる転職の幅が広がってくるのです。

また、大病院や古い病院などでは「新卒の薬剤師しか採用しない」と言う場合もあります。

それは病院側の都合で「他の業種や職場を経験していない薬剤師」の方が扱いやすいからなのです。

その反対に新設の病院などでは、最初の病院スタッフを集めるため、転職者を歓迎することが多く、実際に他業種からの転職を成功させている方は多くいらっしゃいます。

前職で行っていた業務と転職先で求められる経験や技術が必ずしも合致する事はありません。

しかし「他業種」から「薬剤師の資格」を有効活用したいのであれば「薬剤師専門転職支援サービス」等を利用すると良いでしょう。
転職に成功した多くの薬剤師さん達は、こういったサービスを利用しています。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜