HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブログ > 急増する薬剤師の現状と将来的なニーズとは?「これからの薬剤師」

急増する薬剤師の現状と将来的なニーズとは?「これからの薬剤師」

ブログ
大学生

ライター:RAY

薬

薬剤師という職業の変化

以前は、「薬剤師」と言う職業は、収入の高さや、安定した雇用条件などにより、とても人気がある職業でした。

実際に「薬剤師」としての就職先は「病院・薬局・MR」等、
専門知識を有効活用する事で多方面で活躍してきました。

しかし、薬学科が「6年制」になった事も伴い、私立大学の薬学部が増加したことで排出される薬剤師の数も急増していきました。

大学生

更に、2006年に「登録販売者制度」が創設されました。
これにより、ドラッグストアなどのチェーン店では人件費の安い「登録販売者」を多く置くようになり
「薬剤師」の存在意義が不安定な状況に陥ってきています。

これからの薬剤師としての課題

これからの「薬剤師」としての課題は「薬剤師としての存在意義を確立させる」と言う事です。
その為にも、日々薬剤師としての「スキル」を磨き、「より専門性の高い薬剤師」となる事が求められていると言う事を再認識しなければなりません。

現在必要とされている「薬剤師」とは

  • 「専門職としての知識」
  • 「多くの患者様のニーズに答えられるサービス精神・柔軟性」

と言ったものなのです。

現在「医薬分業」が行われるようになって、「調剤薬局」として、調剤そのものを主力業務とした薬局が増えてきました。

「調剤薬局」の数が増えた事で、薬の専門知識を持つ薬剤師が必要とされています。

現在の医療現場では、「院外処方せん率」は60%以上と増えています。

また最近では、高齢化社会に伴い、新しい取り組みをしている薬局も多く存在しています。

その一つとして「在宅医療への関与」「生活習慣病の検査」をいち早く取り入れている調剤薬局も存在しています。

在宅医療

そう言った意味で「薬剤師」を取り巻く厳しい現状を打破するためにも、
より「専門知識」を充実し、「地域に求められる薬剤師」を目指す事も必要不可欠な事と言えるでしょう。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜