HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブログ > 薬剤師と医師の複雑な関係性、「医薬分業」の難しさと必要性とは?

薬剤師と医師の複雑な関係性、「医薬分業」の難しさと必要性とは?

ブログ
握手

ライター:RAY

医師と薬剤師の関係性は、とても複雑な部分も存在します。

医師と薬剤師の微妙な関係性

「医師の担当する範囲」「薬剤師が立ち入っても良い範囲」に関しては、お互いの信頼性によって大きく変わっていきます。

現在でも、「医師である自分の答えが一番正しい」と思い込み「薬剤師に意見されたくない」と言う医師は多く存在します。

医師

その反対に「薬に関しては薬剤師と相談をするべき」と考える医師もいるので、この転においてはとても両極端である事は否定できません。

しかし、医師の判断のみで、薬を処方する事は、投薬ミスに繋がる事も否定できません。

医師と薬剤師の関係は、「人間関係」であり「お互いの信頼性」を築くと言う事で、良くも悪くもなります。

本来なら医師と薬剤師が連携する事で、二重のチェックが可能になるという利点があります。 それだけ患者様にとっては、より安全な薬の提供を可能とする事が出来るのです。

しかしながら、それを拒む医師によって、この機能を充分に生かせず、投薬の効果が薄れてしまうと言う事もあります。

患者さんの立場として、「治療を受けた病院で薬を処方された方が楽だ」とおっしゃる方もいらっしゃいます。 しかし、「医薬分業」によって他の病院から処方されている薬をチェックする事もできるうえに、副作用を予防する事も可能なのです。

医師からの預かった処方箋の安全性を、薬剤師がチェックする事でより適切で安全な薬の処方が出来るのです。

薬剤師の医師への考え方

薬剤師の業務の過酷さをアンケート調査したところ、「過酷である」と言う質問に対しての回答で一番多かったものは「医師との関係性の難しさ」と言う回答結果でした。

もし医師との間の信頼関係が築けない状況であれば、患者さんの命も脅かしかねません。

難しい事ではありますが、「お互い生身の人間であること」を忘れず、「人と人」としての付き合い方が「医師と薬剤師」の関係性をより親密なものとしてくれるはずです。

握手

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜