HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブログ > 地方は薬剤師不足?首都圏の薬剤師よ、地方へ羽ばたけ!

地方は薬剤師不足?首都圏の薬剤師よ、地方へ羽ばたけ!

ブログ
田舎の風景

ライター:イブラヒモビッチ

転職の話になるとよく話題に上がる売り手市場と買い手市場。

首都圏の薬剤師は売り手市場と言われています。薬局やドラッグストアが多店舗を展開する戦略をとっており、働く場所が増えたことが理由ですね。

従って、地方は慢性的な薬剤師不足と言われています。

元々は、2006年に薬学部が4年制から6年制へと移行しました。卒業生が少なくなる2年の空白期間が生まれ、薬剤師不足が生まれたのです。

首都圏でも薬剤師の確保に苦戦していましたから、地方だとなおさらです。地方より首都圏の大学に出てきて、学生にアピールしたり、内々定を出したりと、地方の会社は企業努力を重ねています。

  • 家付き 月収90万

こんな求人も地方には…。これだけ好条件を提示しないと集まらないということですね…。

さぁ!地方へ羽ばたけ!

羽ばたく鳥

地方は薬剤師不足という流れからすると、下記のような内容を想像されると思います。

  • 地方の方が好条件の場合も!?
  • 地元で仕事を探そう!
  • 首都圏はすぐに買い手市場になる可能性あり!

もちろんこれもあります。しかし、私はこのブログを見ている人にこう伝えたい。

 

困ってんだから助けてやれよ

 

人間、お金が大事なように思いますが、実は生きがいや居場所が大事なんです。不要って烙印を押されるのが一番辛いですからね。(経験があるわけじゃないですよ)

シンプルに伝えます。シンプルにお願いします。地方に行って助けてあげましょう!

地方に住んでいる人は、都会への憧れを捨てて、地方で求人を探しましょう。

首都圏に住んでいる人は、地方へ羽ばたきましょう。

きっと神扱いです。エース扱いです。人手不足で疲れきっている未来の仲間たちの表情が、パッと明るくなる瞬間を想像してみてください。

地方も悪くないでしょう?

大体、都会なんてろくなもんじゃないです。人は多いわ、電車はすぐ止まるわ、どこにいっても排気ガスだらけだわ。

地方の清々しい空気の中で気持ちよく働きましょうよ。

このブログを読んでくれたあなたの心意気、期待しています!!

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜