HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブログ > 「外資系企業薬剤師」に転職、向いている人向いていない人

「外資系企業薬剤師」に転職、向いている人向いていない人

ブログ
外国人女性

ライター:RAY

外資系の企業でも、日本人の「薬剤師」を募集している企業が多数存在します。

外資系企業の現場とはどのようなものなのでしょうか?
どんな人に外資系企業への転職が向いているのか?調べてみました。

外資系企業薬剤師の主な職種

外国人ビジネスマン

内容としては、

  • 「治験(臨床開発モニター、治験コーディネーター)」
  • 「学術」
  • 「管理薬剤師」
  • 「医薬出版」

等の専門分野から、

輸入された製品の

  • 「品質検査・分析業務」
  • 「信頼性保証業務」
  • 「役所等への薬事許可申請」

等様々な分野で求められています。

ただ、「外資系」の場合、最低限必要とされているのが、「英語能力」です。

上司が外国人である場合もあります。
海外との電話やメールでのやり取り、英文で書かれた説明書の翻訳等、英語の能力は必須です。

この機会に英語能力を身に着けておくのも良いでしょう。

外資系企業に向いている人

外国人と話す薬剤師

「外資系企業」「日系企業」との大きな違いは、全てが実力主義と言うところです。

ですから、努力する事で、自分の成果を認めて貰える可能性が非常に大きいと言う長所があるのです。

「日系企業」の場合、どうしても周りに足並みを揃えなければならない部分がでてきてしまいます。
せっかくの自分に実力があっても発揮する場を失ってしまう事もあります。

しかし、「自分を試す」「薬剤師として飛躍したい」と思われる方には
「外資系」は向いていると思われます。

給与の面でも、「外資系企業」であればしっかり仕事をした分、結果次第では年収が大きく変わってきます。

「日系企業」よりも昇給のチャンスが期待できると言う事になります。

また、一部の「外資系製薬会社」は「女性にとって働きやすい環境」を作ることに力を入れている企業が多いです。
女性でありながら重要なポジションを任されていると言う事も珍しい事ではありません。

国内の薬剤師の割合は、女性の方が高いと言われています。

もし、女性であってもチャレンジ精神が旺盛な方であれば「外資系企業の求人」はとても魅力的な転職先と言えるでしょう。

外資系薬剤師求人も探せる“薬キャリ”を見てみる

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜