HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブランクの悩み > ブランクがある薬剤師の求人の探し方

ブランクがある薬剤師の求人の探し方

ブランクの悩み
転職先を探す薬剤師

ブランクがあると、当然不利な部分も出てきます。 求人に関しても、他の職種同様「少ないのではないか」と不安になられると思われますが、実際は「薬剤師」と言う国家資格を持っている事で、他の職種よりははるかに求人率も高くなっています。

ただ、職種や、業務内容によっては、求人率も変わってきますので、希望職種を絞る事も重要です。

大手企業経営の薬局やドラッグストアでは研修制度があり安心

求人が多いのは、やはり「調剤薬局」や「ドラッグストア」です。
正社員・パート問わず需要が高い職種です。

多くの店舗では「ブランク有・未経験者歓迎」と記されている事が多く、大手企業で運営している場合は特に、研修制度も充実しているので、入社後のフォローもしっかりしています

そこで働く薬剤師に関しても大半が「一度は他職種へ就職して、薬剤師を離れていた」「出産・育児を期に薬剤師の仕事を離れていた」と言う方が殆どですので、安心して働けると言う利点もあります。

また、大手の製薬関連企業の営業職(MR等)も「薬剤師資格を有する」と求人に掛かれている物が多く、この場合直接調剤を行う訳では無く「薬剤師の知識」が役立つ為、ブランクを感じる事はあまりありません。

病院や研究職では経験や実績が必要

ただ、病院や研究職に関してだけは、求人は殆ど無いと言っても良いでしょう。
これは「離職率の低さ」もありますが、どちらも「経験」や「実績」が必要な職種だからです。

「病院薬剤師」は多忙なのも付け加え、チーム医療での業務もありますので、現場での勘や技術を求められています。そのため「ブランク有・未経験者」は難しく、実際現場に入って、勘が戻るには、時間が掛かります。

「研究職」に関しても直接の調剤業務は有りませんが「研究実績」が無い限りは無理だと思っておいた方が良いでしょう。

「ブランク有」で、転職・再就職をする場合は、離職していたことを前提の「研修制度」や「現場の受け入れ態勢」等を良く検討した上で求人を探す事がコツです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜