HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブランクの悩み > なかなか仕事が覚えられない

なかなか仕事が覚えられない

ブランクの悩み

長いブランクの後の薬剤師への復帰には、誰でも戸惑いがあり、仕事に慣れるまでが大変な事は当たり前です。
ですから、悲観をする事や、落ちこむ事は全くありません。
なぜなら、ブランク後の復帰を果たしている薬剤師さんなら誰もが経験している事だからです。

まず言える事は、「新しい環境や、生活ペースに慣れる」「自分の為では無く、患者様の為と言う事を忘れない」と言う事です。
今までと同じような考え方ややり方は捨てて、現在の職場の中で、今自分がやらなければいけない事を明確にして「優先順位」を付けるクセを付けて行きましょう。
つい自分のやりやすい所から片づける事が当たり前になっていますが、仕事ではそうはいきません。
まずは「何が一番必要か」を把握し、その優先順位に従って動く習慣と、この仕事は自分のタネでは無く、患者様の為に行っている事を充分認識しましょう。

大半の人は、最初はメモを取る事や、先輩薬剤師に色々と質問をしていると思います。
その際に教えてもらった事は、もう一度見直し、頭の中でシュミレーションしながら、次の業務に役立てれば良いのです。
最初から、失敗や、わからない事を落ち込むことはありません。
そのようなネガティブな考え方では、精神的に長く続かなくなります。

ブランクが有ると言う事は、現在はスタート地点なのです。
ブランク前の自分と比較するよりも、薬剤師になりたての自分を思い出す事で気が楽になります。
心配するよりも、まずは職場の環境・生活スタイルに慣れる事で、自然と心がリラックスして仕事も順調に覚えられる余裕が出来ます。
更に、職場でもブランクが有る事を、理解し認識した上で仕事をしているので、多くは望んではいません。
一度に全部をいい加減にこなされるよりは、一つずつ着実に覚えていく事が薬剤師として、また患者様の為にもなるのです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜