HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブランクの悩み > ブランクが有る薬剤師が求人を探す時のポイント

ブランクが有る薬剤師が求人を探す時のポイント

ブランクの悩み
転職先を探す薬剤師

更に、そういった支援サイトでは、専任のコンサルタントが担当「ブランクが有る薬剤師」が再就職や転職で求人を探す場合に重要なポイントは、「ブランク有・未経験者歓迎」の求人であるかどうかです。

「ブランク有・未経験者歓迎」の求人であれば、その職場自体、ブランクが有る事を前提に接してくれますので、働き始めの段階では、戸惑いも少なくなります。
また、そういった職場では「ブランクの有る薬剤師」を採用している経験がある所が殆どですので、現在働いている薬剤師自身が「ブランク有」で働いている事が多いので、理解を示してくれる分、多少気が楽な部分もあります。

特に女性の場合、多くは「結婚・出産・育児」又は「介護」の為に、薬剤師を離れていたと言うケースが多いので、育児中のママさんや、介護しなければいけない高齢者が家族に居ると言った場合にも、とても理解があります。
万一、子供や家族の都合で急な休みをもらう事になっても、カバーしてくれるだけの余裕がある事が多いので、そういった事態が考えられる場合は、事前に職場環境をチェックしておくことをお勧めです。

求人を自分で探す場合、地域のフリーペーパーや、職業安定所、または店舗のポスター等が頼りとなるのですが「就職支援サイト」を活用する事も良い方法です。
無料で登録できる上に「非公開求人」も取り扱っていますので、求人の幅がずっと広がります。

してくれることで、自分の要望や、探している条件を良く相談した上で、それに見合った求人を紹介してくれます。

こう言った支援サイトの場合、無料で「研修セミナー」や「講習会」「面接試験の練習」等も行っていますので、採用までに、薬剤師の知識や技術だけでは無く、職業人してのマナーや常識も、再度勉強することも出来ます。

「ブランクが有る薬剤師」が求人を探すときのポイントとして、「採用に向けてポジティブに、様々な事を学ぶ」と言う事も大切な事なのです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜