HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブランクの悩み > ブランクがある薬剤師が調剤薬局で働くには

ブランクがある薬剤師が調剤薬局で働くには

ブランクの悩み

ブランクがあると言う事は、何らかの理由があって、薬剤師と言う仕事を離れたと言う事です。

特に女性の場合は、結婚・出産・育児を期に離職した場合、介護の為の離職などが主な離職理由です。
また男性であれば「他業種で自分を試してみたかった」と言う方もいらっしゃいます。

いずれにしても「ブランク有」で薬剤師に復帰するには、色々と心配や不安はつきものです。
まず、第一に「ブランクのある薬剤師に求人はあるのか」と言う事です。

調剤薬局の場合、現在人手不足と言う傾向もあり、常に求人があります。
特に目立つのは「ブランク有・未経験者歓迎」と言う文字です。

これは、調剤薬局そのものが女性の多い職場であることから「妊娠・出産・育児」の理由で離職する率が高く、万年人手不足に陥っているからです。
逆に考えると「妊娠・出産・育児の経験済みの薬剤師も多い」と言う事です。

そう言った、ママさん薬剤師の多い職場であれば、女性の悩みにも理解があり、特に育児中の薬剤師にとっては都合の良い環境とも言えます。

出来れば、復帰前に、暫くご無沙汰していた「薬剤師」の「知識・技術」を呼び起こす為にも「研修セミナー」や「本・ネットで勉強」する事も必要です。
また、ブランクの間は、人と接する機会も少なくなっている方もいらっしゃいます。
セミナーの参加や、薬剤師講習会等、人の集まる場所へ出かけていく事で「コミュニケーション能力」も付いてきます。

出来れば、「転職支援サイト」等を活用する事で求人を容易に探す事が可能です。
「転職支援サイト」では、無料で登録が可能な上に、「研修セミナー」や「履歴書の書き方」など細かい指導もしてくれます。
担当のコンサルタントがつく事で「自分の希望する条件の調剤薬局」を探してくれ、また自分の代わりに、休日や勤務時間の交渉、職場の環境調査等もしてくれるので、安心して求人を探す事が可能です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜