HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブランクの悩み > パートとして再就職する

パートとして再就職する

ブランクの悩み
主婦

薬剤師として復帰する際は、現在自分の生活を取り巻く環境を、一番に考慮する事が大切です。
例えば「子供がまだ小さい」「介護を要する高齢者がいる」等、人には様々な生活環境や事情があります。
その一方で「もう一度薬剤師として働きた」と言うのであれば、まずは家族にその旨を話、理解を得る事です。
家族の理解を得られないで復帰する事はお勧めできません。
なぜなら「薬剤師は患者様の命と向き合う重要な業務である」からです。
家庭の事を考えながら、薬剤師としての業務に身が入らないと言う事であれば、復帰後の業務にも職場にも支障をきたしてしまいかねません。

ブランク後の復帰は、最初は「パート」と言う働きを選択してみてはいかがでしょうか。

ブランクが有る分、覚えなければいけない事はたくさんあると思われます。
そのことを考慮すると「パート」での復帰が一番現実的です。
「パート」と限定すると「求人が少ないのでは」と心配される方はいると思いますが、実際には、「正社員」は基本「新卒」からの採用が多いので、調剤薬局やドラッグストアのように「時間帯によって患者様の数が変動する」場合、「パート」を雇う方が遥に効率が良いので、「パート薬剤師」の需要が増えています。

「パート」であれば、自分の都合の良い時間帯や、休日日数を指定する事も可能です。
ただ、給与の面では、正社員よりも多少少なくはなりますが、時給にして1200円程度ですので、他業種でのパート給与より高額になります。
なおさら、家庭との両立であれば「パート」の方が、融通が利きやすいのも利点です。

「パート」の求人を探す際には「就職支援サイト」に登録する事をお勧めします。
コンサルタントが間に入るので、交渉しづらい「給与・休日」の面以外にも、様々な条件で求人を紹介してくれる上に、職場の環境を代行して調査してくれるので、復帰後も安心して働くことが可能です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜