HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブランクの悩み > ブランクがある薬剤師の面接のポイント

ブランクがある薬剤師の面接のポイント

ブランクの悩み

出産や育児で、薬剤師を離れていた場合、異業種で働いていて転職をする薬剤師よりも不利な点が一つだけあります。
それは「ブランクの間、社会と疎遠なっている」と言う事です。

出産や育児で、狭い環境に閉じこもりがちになってしまい、うまく人とコミュニケーションが取れない方もいらっしゃいます。
異業種からの転職の場合は、薬剤師の仕事にはブランクがあっても、一般社会で働いていた分、コミュニケーションに関しては多少有利と言えます。

こう言った事も手伝って「ブランク後の復職は難しい」と、つい臆病になってしまうのです。

採用面接では、薬剤師としてよりも「社会的マナーがしっかりしていて、コミュニケーション能力があるか」と言う事を重点的に見て行きます。
新卒や若い薬剤師には、薬の知識や技術に関してはほぼ出来上がっています。
しかし大人として、社会人としてのマナーがまだまだ乏しい人もいるので、その反対にブランク後の薬剤師には「知識や技術はすぐに思い出せるだろうから、大人としての立ち居振る舞いが出来、好感の持てる人」を求めているのです。
ですから、大人としてのマナーやルールを守り、ブランク中に培ってきた大人力を最大限アピールする必要があるのです。

これらを上手にクリアする為にも、面接の練習は必要です。
一人で練習するのも良いのですが、出来れば人に慣れる為にも「転職支援サイト」等を利用する事で、無料で面接の練習をしてくれます。
担当のコンサルタントは、必ず合格させる事で自分にも利益が出るので、徹底的に教えてくれます。
無料で、しっかりとコミュニケーション能力まで付けられれば、転職後も、患者様とのコミュニケーションに役立つ事もありますので、是非活用してみてはいかがでしょうか。

また「見た目」も大切ですので「清潔・清楚・はっきりした話し方」に気を付けましょう。
髪型・服装・靴に至るまで、細心の注意を払う事も大切です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜