HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブランクの悩み > ブランクがある薬剤師が病院で働くには

ブランクがある薬剤師が病院で働くには

ブランクの悩み

「ブランクがある」と言う事は、5年なら5年間の、10年なら10年間の、薬剤師としての経験が、空白になっている状態です。
医療業界で、5年、10年と言うのは、大きな変化を伴います。
ただでさえ、変化の多い薬剤師業界で、ブランクを埋めるだけの知識や、技術を取り戻すのには時間が掛かります。

ブランク後の復職先を「病院」と考えているのであれば、少々難しいかもしれません。
病院薬剤師は、現場での即座の判断力が必要となります。
臨機応変な対応を取る事で、病院と言う大きな組織で活躍が可能なのです。

病院の場合、チーム医療の一員として、医師のリーダーの基、看護師・薬剤師・介護士等で、患者様の治療にあたる場合があります。
その際、薬剤師に求められる事は「専門家としての、充分な最新の知識」です。
ですから、常に「薬の事・病気の事・治療の事」を一つの流れとして抑えなければいけないのです。
その上、病院勤務は長時間の労働時間になりますから、体力的にも、ブランク前と同じようには動けないと言う事も良く考えておくべきです。
しかし「病院薬剤師の求人」がゼロという訳ではありません。
また、以前病院での勤務経験があれば復職は有利になります。
ただ、現場の勘を取り戻すには多少の時間が掛かる事を理解しておきましょう。

薬剤師の「求人支援サイト」を活用すれば、コンサルタントのアドバイスや、研修セミナーを無料で受講できますので良い環境で、じっくりと「病院薬剤師の求人」を見つけることが出来ます。

正職員でなければ「パート」と言う選択肢もあります。
病院薬剤師は「パート」であれば、ある程度求人を探すにしても容易になります。
また、勤務時間も自分の希望がある程度通りやすいと思います。

まずは、復職する前に、ブランクの間分の薬剤師としての知識・技術・勘を取り戻す事から始める事が大切です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜