HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブランクの悩み > ブランクがある薬剤師がドラックストアで働くには

ブランクがある薬剤師がドラックストアで働くには

ブランクの悩み

「ブランクがある」と言うと、当然のように「不利になる」と思っておられるようですが、意外と求人は多いと言えます。

研究職や病院薬剤師となると、中々「ブランク有」での求人を探そうと思うと、そう多くは有りませんが、「調剤薬局」や「ドラッグストア」になると「ブランク有・未経験者歓迎」と言う求人の数がずっと増えます。

実際には、調剤や、OTC医薬品を取り扱える「国家資格」のある「薬剤師」は人手不足もあり、求人も増えています。

特にOTC医薬品に関しては薬事法の改正により、「薬剤師」で無ければ取扱い・販売が出来なくなっている医薬品も多くあります。
その為、現在「ドラッグストア」では、薬剤師の求人を行っている店舗が増えています。

「ドラッグストア」の場合、「調剤薬局」と違い、お店としての機能もあるので「接客業」としての心得も必要になります。
その為、多くのドラッグストアでは「研修セミナー」や「新人教育」、また、定期的に「講習会」も開いていますので、長いブランクがあった薬剤師であっても、安心して就職する事が出来ます。

ただ「ドラッグストア」の場合、薬以外にも「ストア」の機能がある事から、商品管理や、品出し等、薬剤師以外の仕事も増えてきます。
体力的には、調剤薬局よりもきつい部分があるかもしれませんが「パートタイマー」の範囲であれば、シフト制にプラスして、自分の好きな時間帯を選ぶ事も出来ますから、小さな子供さんがいらっしゃるママさん薬剤師も、気楽に働くことが出来ます。

更に「調剤薬局」のように、狭い空間での業務とは異なり、店舗で働、他の従業員もいますので、大勢の方と一緒に働けることで、難しい人間関係も無く、楽しみながら働く事が可能です。

「働く楽しみ」を見出したい薬剤師であれば、是非お勧めしたい職場の一つです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜