HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブランクの悩み > ブランクは不利?

ブランクは不利?

ブランクの悩み

実際「ブランクがある」と言う場合、薬剤師ばかりでは無く、どの職種でも不利な傾向はあります。
ただ、幸い薬剤師の場合は「国家資格」がある事から、他の職種よりも転職・再就職は、可能と言えます。
他の職種と比べても、ブランクに対するフォローがある職場や、「薬剤師としての知識」を必要とする職場は数多くあります。

「ブランク有」の転職・再就職に関しては、「薬剤師」と言う大きな枠でとらえるよりは「職場・職種」によって、「不利」か「有利」かが変わってきます。

「調剤薬局」や「ドラッグストア」への転職や再就職は、たいていの場合「ブランク研修」が用意されている為、求人にも「ブランク有・未経験者歓迎」と言う所が多いのです。
この場合「薬局」「ドラッグストア」はブランクのある事を前提として理解しているので、安心して働くことが出来ます。

また、大手企業の「MR」や「CRO」等は、薬剤師の資格が有利に働く事と、営業職は人材不足なのも手伝って比較的求人の多い職種です。
こう言ったところも「研修制度」がしっかりしているので、ブランクをあまり気にすることなく働けます。
ただ企業によっては「契約社員」からのスタートになる所もありますので、事前に良く調べておくことが必要です。

一番「ブランク」が不利なのは「病院薬剤師」と「研究職」と言えるでしょう。
離職率が少ない事と「研究職」に関しては「知識よりも実績」が問われるからです。
「病院薬剤師」に関しては、現場での「知識・勘・技術」が必要とされますので、現場に入ってそれらを取り戻すには時間も掛かる事から、求人はきわめて少ないと言えます。

他の職種からの転職、離職してからの再就職に関しては「ブランク有・未経験者歓迎」と言う職場を探す事が無難です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜