HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブランクの悩み > 契約社員として再就職する

契約社員として再就職する

ブランクの悩み
気合の入るスーツ男性

「パートでは物足りない」「正社員では不安」と言った場合に「契約社員」と言う働き方があります。

この「契約社員」は薬剤師業界ばかりでは無く、他業種でも、女性に多い働き方です。
「派遣社員」の場合、短期や3ヶ月・6か月・1年等の希望の期間で働く事が可能です。
在籍は派遣会社で、仕事はするのは派遣先の薬局や病院・ドラッグストアなどになります。

派遣の場合最初に派遣された職場に、もし合わないようであればその先継続をしなくても良いので、ある意味気楽な部分もあり、様々な職場でスキルを磨き体験する事が出来ます。

ただ「やりがいを求めている」と言った場合には、少々不向きかもしれません。
派遣社員の場合、契約期限後、継続するかどうか確信が持てる事では無いので、職場によっては、あまり責任ある仕事は任されないのが現実です。

派遣社員で雇用された場合「交通費は別途支給」という場合が多いので、勤務先が多少遠くても金銭的には心配ありません。
更に30日以上の勤務であれば、福利厚生も充実していて、社会保険・雇用保険にも加入できます。
また「賞与」が付かない点では「正社員」の方が有利なように思えますが、時給が多い所では3000円~4000円程度ですので、年間の収入額は正社員とほぼ変わりません。

もし、勤務先でトラブルが生じたとしても、派遣会社へ相談する事である程度は解決しますので、その点でも心配が無い分仕事に集中しやすいと言えるでしょう。

「ブランク有り」の場合、誰もが不安を抱えているのは当たり前の事です。
「人間関係」「通勤距離」「条件の違い」「休日日数」等、様々な心配がありますが、派遣であれば、そういった心配が生じても、次の勤務先を担当者に紹介して頂けるので常に安心感があります。

ブランクを埋めるための「研修セミナー」や「講習会」も開かれていて、充実した勉強をする事が出来るので、お勧めの働き方だと思います。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜