HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 地域別の悩み > 郊外(関西)

郊外(関西)

地域別の悩み
銀杏

関西の薬剤師求人事情は、関東に比べてはるかに多いようです。

大手、中小を併せて、ドラッグストア店舗数は、全国でもトップクラスを誇ります。
勿論これだけ「ドラッグストア」が有ると言う事は、当然「調剤薬局」も多く、それに合わせて、必要な戦力である「薬剤師」の求人情報は多くなると言う事です。

実際に、関西での求人はとても多く、大阪だけでも1万件以上の求人があります。
関西は関東に比べて、医療関連機関で働く人々は、慢性的な人手不足が問題化しています。
その為、薬剤師に関しても同じで、特に関西郊外では都心部よりも求人が遥に多いのも現状です。

関西と関東で薬学部の数を比べてみると、二つの地域において、学校の数そのものはあまり変わりません。
しかし、受験をする学生にとって「関東の方が仕事も多い」と思われがちなため、関西よりも、関東の学校に入学するケースが増えています。
その為、そのまま関東に残り就職してしまう学生が多く、関西に薬剤師として戻ってくる人数が減ってしまっているのです。

関西の中でも、特に郊外に関しては、都心部に比べて非常に求人も多く、それに比例してメリットも多いのが特徴です。

関西郊外は、基本的には公共の交通網が発達している上に、都心部のようなひどい通勤ラッシュはありません。
また郊外の為、マイカー通勤も可能なので移動手段もとても便利です。

物価の面で比べてみると、関東と関西では、関西の方が「断然安い」と言う事です。
その上、郊外で働く薬剤師は、住宅の家賃が安い上に、勤務先からの住宅手当も出るので、生活費の負担は、どの地域に比べても、とても軽いと言う事です。

関東での就職・転職の際に、求人や条件の厳しさから、わざわざ関西へ来るケースも増えているのです。
もし関東で求人が少なく、中々採用までこぎつけないのであれば、関西郊外での転職活動も選択肢のひとつではないかと思われます。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜