HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 地域別の悩み > 地方の田舎で働く薬剤師によくある悩み

地方の田舎で働く薬剤師によくある悩み

地域別の悩み
山

「地方の田舎」に関しては「地域高齢化」が大きな問題となっています。
居住する住民の多くは、高齢者だけの場合や、高齢者の独り暮らしを余儀なくされているのが現状です。

高齢者に寄り添った医療が必要

その為、こういった「地方の田舎」は、現在「在宅医療」「地域医療」に重点を置いている地域が多く見られます。

高齢者の夫婦だけの場合、どちらかが病気になっても、入院をする事を拒否する場合や、福祉施設への入居も困難な場合が多く、殆どは「在宅医療」に頼らずには得られない状況です。

在宅医療の際には、医師・看護師・薬剤師・介護福祉士の連携によって初めて成り立つので、そういった意味でも、薬剤師の存在は大きな意義を持ちます。

高齢者だけの場合、薬剤師の仕事は、服薬指導や処方薬の説明だけではありません。
特に、服用しなければならない薬が多い高齢者の場合、薬の管理が出来ない事が多く、常に服薬の管理にも気を配る必要があります。

近隣住民とのコミュニケーションが不可欠

また、都心部の薬局薬剤師の場合は、大勢の患者様を相手にしているので、会話やコミュニケーションへの対応時間がどうしても少なくなる傾向があります。
逆に、こういった「地方の田舎」の場合、特に在宅医療に関しては、患者様の悩みや、質問に対して、時間をかけ、納得の行くまで患者様の話に耳を傾ける必要があります。
ですから、調剤や、服薬指導だけでは無く「患者様とのコミュニケーション」が大きな業務となってくるようです。

「患者様とのコミュニケーション」を大切に考えている薬剤師にとっては、うってつけの地域であるとも言えます。

こういった「地方の田舎」の求人を探すと、年収もかなりの高額な上に、住宅手当の支給は勿論の事、現在の住まいからの引っ越しの際にも、引っ越し手当が付く場合もあります。

もし「患者様とのコミュニケーションを充実させたい」「地域在宅医療に関心がある」という方であれば、お勧めの地域と言えます。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜