HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 地域別の悩み > その他の地方都市

その他の地方都市

地域別の悩み

都心部から離れれば離れるほど、薬剤師だけでは無く、医師、看護師、介護士等の医療関連に従事する人の数が減少しています。
これは、地域に医学部や薬学部の無い場合や、看護師が働ける十分な福利厚生や人員不足による無理なローテーション等、看護師を取り巻く環境の悪循環によるものと考えられます。

こういった地方都市では、薬剤師不足の解消の為、住宅手当や通勤手当等を上乗せする事で薬剤師の働く環境を整える事に尽力をあげている場合が多く、年収に関しても出来るだけ高額に設定する事で、地方都市への薬剤師の受け入れ態勢を強化しているケースが殆どのようです。

都心部では、現在これとは逆の現象が起きていて「薬剤師の飽和状態」が大きな問題ともなっています。
せっかく、大学で勉強を重ね、国家資格である「薬剤師免許」を取得したにも関わらず、「資格を活かせる求人が無い」と言う薬剤師は、年々増えています。
また、都心部に関しては、パートを雇う事が多く、特に調剤薬局に関して言えば、患者様が多い時間帯に関しては、スポット的に働いてもらえる「パート薬剤師」を積極的に採用している所も少なくありません。

こう言った状況を踏まえて、もし勤務先にこれと言ってこだわりが無いのであれば、地方都市への就職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

現在、薬局においては、必ず一人「管理薬剤師を置かなくてはいけない」と定められていますので、「店舗」の数だけ「管理薬剤師」が必要と言う事になります。
と言う事は、管理薬剤師も不足していると言う事になります。
現時点で、薬剤師が飽和状態である都心部での求人を探し、やっと正社員として、採用されたとしても、「管理薬剤師」としてのステップアップが望めないと言う事は、年収に関しても「増える見込みが無い」と言う事になります。

求人の幅も広い地方都市は、今後薬剤師にとって「魅力的」な勤務先となるはずです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜