HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 地域別の悩み > 沖縄

沖縄

地域別の悩み

沖縄県の薬剤師不足は深刻な問題になっています。 元々、県内に薬学部を設置している大学が無いと言う事もあって、薬剤師の数が少ないと言う事もあります。 他の県と比較しても、地理的に本州から離れている事もあり不利な状況です。 人口は10万人もいるのに対して、薬剤師の総数は142.2人と圧倒的に少なく、全国でも最下位となっています。 沖縄と言うと、リゾート地のイメージが有り、特別な施設もあると思われるかもしれませんが、実際には人気の高い施設と言うものは殆どありません。 そこは、他県と同じように、オーソドックスな「病院・診療所・薬局」等に在籍している場合が多いようです。 求人数も、主に広く知られている「転職支援サービス」の10社を併せても、1528人と、全国でも37位に位置しています。 ですから、地元に帰って薬剤師として就職を探す人も少ないのが現状です。 しかし、少な目とは言うものの、条件としてはかなり良い求人もあります。 沖縄と言う、地域的なブランド力も手伝い、県外からの移住を目的にいらっしゃる薬剤師もいます。 また、期間限定での派遣薬剤師として、薬局などで働いているケースもあります。 元々リゾート地と言う事もあり「プライベートを充実させたい」と言う、県外の若い薬剤師には人気のある地域でもあります。 県外から、沖縄に移住して薬剤師として働くに当たり、心配される事は「方言」の問題かと思われます。 職業柄、言葉のコミュニケーションが最も必要とされる為、心配するのは無理のない事です。 実際は、それ程心配される必要はありません。 現在は、高齢者の方がたまに方言を使う程度で、殆どは標準語で通用します。 思い切って、環境を変えて働きたいと言う薬剤師や、移住を目的として薬剤師として沖縄で求人を見つける事も一つの選択肢だと思います。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜