HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 地域別の悩み > 離島

離島

地域別の悩み
海とパソコン

「離島」と呼ばれる地域は、たくさんあります。
「離島」と言うと、都心部とは違い「交通の便も悪い」「生活するのが不安」と言った声も聴きますが、実は現在、若い薬剤師の間で、密かに「働きたい地域」として上位に名を連ねています。

特に、若い世代には、南の離島は魅力的に感じるようです。
例に挙げると「石垣島」等の離島は、慢性的な薬剤師不足に悩んでいます。
しかし、近年の「マリンスポーツ」ブームも手伝い、薬剤師や看護師・医療関連業務に携わる若い世代が、休暇を利用して年に数回「マリンスポーツ」に足を運んできます。
その為、中には「こんなのどかな場所で、仕事に従事出来、プライベートも充実できたらな」と言う理由から、離島への移住・就職を決意する若者もいるのです。
また「離島の人々を救いたい」と言う理由から、移住を決意する医師や薬剤師等もいます。

しかし、多くは気持ち的には魅力を感じてはいるものの、実際に「離島」で生活をする事に不安を感じ、断念するケースも多く、まだまだ離島での薬剤師不足は解消できない状況が続いています。

多くの島民は高齢者で、在宅医療を余儀なくされています。
その為「薬の専門家」である薬剤師の存在は欠かせないものになっています。
医師や看護師ではカバーする事ができない「薬」の問題を解決できるのは「薬剤師」だけだからです。

離島の病院や調剤薬局の中には就職支援する為に、住居の手配や、見学に来る際の交通費の支給・宿泊施設等、様々な支援をする事で、離島を近く感じてもらう試みをしている地域も多くあります。
また「ママ・パパ薬剤師」の為に、保育施設や学校などの支援をしたうえで「自然の中で伸び伸びと子供の教育が出来る」事をアピールしている所もあります。

「離島での患者様とのコミュニケーション」は、患者様を癒すばかりでは無く、ストレス社会に生きる「薬剤師」の心の健康面においても、素晴らしい勤務地です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜