HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 地域別の悩み > 都心部(関東)

都心部(関東)

地域別の悩み
officeに立つ男性

地方の人から見て「都心部」特に「東京」への憧れは強く「地方より都心部の方が求人数は断然多いに違いない」と思われがちです。
しかし実際の薬剤師の求人情報を見てみると、現在都心部の薬剤師は飽和状態の為、求人数はグッと少なくなります。
特に、病院薬剤師の場合は、中々欠員が出ない為、正社員の求人数は少ないようです。

都心の場合、薬剤師の平均給与は500万円台と、全国の薬剤師の平均年収よりも低くなる傾向が見られます。
また、正社員になった場合でも、住宅手当が出ない職場が殆どですので、金銭的な負担も大きくなります。
その為、多くの薬剤師は、通勤時間は掛かるものの、少しでも安価な家賃の物件を求めて郊外に住んでいる場合が殆どです。
その為「職場から遠い」と言う理由で離職する方もいらっしゃいます。

大手のドラッグストアや、調剤薬局で全国チェーンの場合なら、中小の病院や薬局薬剤師よりも、やや求人数はアップします。
ただ、都心部を希望してそのまま都心部の店舗に配属になれるとも限りません。

全国展開されている店舗の多くは、採用方法が「エリア内勤務」または「全国区勤務」に分かれて求人を出している場合が殆どです。
「エリア内勤務」であればそのまま都心部へ残る事も可能ですが、エリア内での転勤は覚悟するほかありません。

収入を伸ばす為には「管理薬剤師」になる事ですが、これは資格や国家試験が有るわけでは無いので「勉強すれば誰でもなれる」と言う訳ではありません。
現在、薬局1店舗に対して最低1人の管理薬剤師を置くことが義務付けられている事から、最低でも、店舗の数だけ「管理薬剤師」は存在している訳です。
しかし、都心部の場合は、薬剤師が飽和状態なので、中々管理薬剤師のポストが空く事は有りません。

少しでも高収入の薬剤師求人を探したいのであれば「就職支援サービス」の活用をお勧めします。
豊富な求人数から、自分に合った職場を探す事が可能です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜