HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 地域別の悩み > 都心部(関西)

都心部(関西)

地域別の悩み

関西都心部と言えば、大阪が挙げられます。
特に「梅田」や「難波」といった都心部では、多くのドラッグストアや医療施設が集中している為、薬剤師の正社員・パートの求人に関しては、東京よりも比較的多いと言えます。
とは言っても、やはり関西の都心部でも、薬剤師は飽和状態に近く、年収ラインが全国平均を下回っている場合が殆どです。

人が多く集まる分、やはりある程度薬局にも処方箋の数をこなせる薬剤師は必要とされています。
また、関東からの病院や医療施設。薬局・ドラッグストアの進出により、急慮スタッフの募集を掛ける場合が関東都心部よりも多いと言えるでしょう。
ただ、問題は、年収ステップアップの近道である「管理薬剤師」への門は狭くなっているという事です。

「薬剤師不足」とはいえ、年収のアップした「管理薬剤師」のポストは中々開かないのが現状です。
現在は一店舗に対して「最低管理薬剤師を一人は置く」と言うことであるので、現状ある店舗の「管理薬剤師」はほぼ埋まっている状態です。

ただ「どうしても関西での都心部で薬剤師として就職したい」と言うのであれば、新規事業拡大の医療施設や病院、薬局を中心に求人を探したほうがよいでしょう。
関東都心部から関西の都心部へ進出してくる、大手ドラッグストアや薬局・医療施設も多くある為、そういった条件で求人を探してみましょう。

ただ、新規スタッフ・オープニングスタッフの募集に関しては、オープン前に採用を決定する事が殆どですので、すぐに働きたい場合には不向きかもしれません。

年収に関しては、関東都心部の薬剤師平均年収よりも、多少上回りますが、それでも全国平均に比べるとやはり少ないと言えるでしょう。

中々自分で求人を見つける事が困難な場合は、自分の条件を話、「就職支援サービス」うを利用した方が便利です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜