HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 年代別の悩み > 20代

20代

年代別の悩み

20代薬剤師の場合、まだまだ「若い」と言う事もあり、転職をしたとしても、何ら問題の無い年齢だと思われます。
特に「薬剤師」と言う職業は、転職が多い事でも知られています。

今転職を考えている方にとって「20代薬剤師」がどのような理由で転職をしているのかは、とても気になる所だと思います。

一番の大きな悩みは「新しい職場に馴染む事ができるのか」と言う問題です。
これに関しては、まだ十分なスキルを身に着けていない20代の薬剤師にとっては、当たり前の悩みでもあります。
しかし「20代」と言う若さから、仕事の覚えは早いと思いますので、徐々に職場にも慣れて行けるはずです。
また、多少の失敗も「まだ若いから」と言う理由から、先輩薬剤師も快く教えてくれるでしょう。
悩んでいるのであれば、転職を希望する職場を事前に調査して、馴染めそうな環境かどうかチェックしてみる事も一つの方法です。

「今の職場は本当に合っているのか」と悩んでいるケースも少なくありません。
現在の他業種も含めて、20代の方は、殆どの方が一度は考えているはずです。
ただ「薬剤師」の場合は、専門知識を有する職業である事から、他業種と比べてみると少ないようです。
もしその職場に「やりがい」が見いだされないのであれば、それは職場の環境や、方針、業務内容、等様々な要因が絡み合っている事があります。
「やりがい」が見いだせない「本当の理由」をしっかりと見極める事で「やりがいのある職場」を探す事が可能になります。

また、企業で働く薬剤師や、MR・治験関連業務に携わる薬剤師の、大きな悩みは「プライベートな時間が取りにくい」と言う事です。
その為、休日出勤や残業等で、体調を崩す事もありますし、外での友人関係もままならない状況の方がいらっしゃるのも実情です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜