HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 年代別の悩み > 30代

30代

年代別の悩み

30代を過ぎると「薬剤師」としてのスキルも上がり、今後の自分の生活設計への悩みも出始める時期です。
また「自分のスキル」に関しても「他の職場でも自分は充分やって行けるのでは」と言った「やりがい」に関する悩みも出てくる事でしょう。

「人間関係」に悩む薬剤師は、年齢や男女問わず、必ず出てくる悩みでもあります。
特にこの時期、女性の場合に多いのが「結婚をして事情が変わった」と言う事をきっかけに、様々な人間関係に悩まされることが多いようです。
「家庭との両立」「配偶者との関係」「今後の出産・育児」等、理由は様々ですが、以前より忙しくなるのは当たり前の事です。
その為「残業を避けたい」「急な休みを取る」等の状況が発生すると、自然と今までと同じ人間関係は築きづらくなります。
こう言った場合「職場に既に経験済み」と言う先輩薬剤師がいる場合は相談してみるのも良いでしょう。
それでも職場の環境上難しい場合は「既婚女性」の多い職場を探して転職する事も一つの方法です。

「やりがい」に関する悩みは、大半の男性薬剤師が経験している事です。
毎日のルーティンワークの中で「やりがい」を見つけるのは難しいことだと思います。
そのような場合は「自分の理想とする薬剤師」や「今後の目標」を、一度明確にしてみましょう。
その上で、その理想や、目標をクリアできないような職場であると感じた場合は、今後のビジョンをしっかりと立てた上で「それらを達成できるだけの環境が揃っている」と言う職場を重点的に探していきましょう。

30代の転職であれば他業種も含め、まだまだ転職は可能な年齢です。
ただ、20代に転職が多い場合は、採用側としては「長く働いてくれるのか」と言う点で少々リスクとなります。

転職の際は、採用側に「自分の目標」を明確に話す事で「やる気」を感じてくれる確率もアップし、採用されやすくなります。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜