HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 年代別の悩み > 後輩の育て方

後輩の育て方

年代別の悩み

どの職種であっても、先輩として苦労するのが「後輩の育て方」です。
場合によってはうまくコミュニケーションが取れず、薬剤師としてきちんと育てられないままその職場を退職して転職してしまう場合もあります。
それが繰り返されてしまうと、中々次の薬剤師が育たないと言う事になってしまいますので、これは先輩薬剤師としては非常に重要な仕事でもあります。

まず必要な指導方法は「これは違う」と思った時点で、その場で指摘する事です。
何に関しても「その場で指摘」された事は二度とミスが無くなりますが、「さっきの○○の件なんだけど」等のように後で指導したものはどうしても記憶に残りづらく、また同じミスを繰り返すことが多いといえます。これではまた同じことを指導する事となり、お互いに嫌な思いをしてしまいますので、「ミスはその場で指摘する」事が、重要なポイントと言えます。

更にこのような場合には、「なぜそれが間違いで、どうする事が正しいのか」を自分の中でしっかり消化する時間を与えてあげる事です。
ですから、ミスを注意した後には「もしわからないときにはもう一度聞いてね」等、「フォローしてあげられますよ」と言う事をきちんと理解してもらえるような言葉を付け加え、後日、「この前の○○の件はもう大丈夫かな?」等、こちらから確認を取ってあげる事が必要です。

また、どの仕事にも通じますが、後輩に言ってはいけない言葉と言うものがあります。それは「常識でしょう」です。
特に、新人薬剤師や転職したての薬剤師にしてみれば、どの仕事も「初めての事」や「やった事はあるがここではやり方が違う」と言う事もあります。
その様な時に、不用意に「常識でしょう」と言うのは禁句です。
それだけで、せっかくのやる気も摘み取られてしまい、その後そのた薬剤師は伸び悩んでしまうこともありますので、最低限注意するべき事と覚えておきましょう。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜