HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 年代別の悩み > 40代

40代

年代別の悩み

40代になって、改めて「転職」を考える薬剤師も少なくありません。
理由としては、今後の生活を考えると「年収のもう少し高い所」への転職を必要としているからです。
ただ、40代と言う年齢は、他業種では一般的に、求人案件も少なく、転職には苦労する年代です。
しかし「薬剤師」と言う特別な資格を持つ事で、他業種よりは間口は広いようです。

40代で転職を考えるのであれば一番の大きな問題は「定年まで働くことが出来るか」と言う事です。
この先、60で定年した場合なら、20年しかありません。
今後の年齢を考えても、転職した職場で定年まで働くことが、何かと有利に働いてくれます。

今、40代でも需要が高いのは、忙しい調剤薬局や、ドラッグストア、中小の病院薬剤師です。
「調剤薬局」や「中小の病院薬剤師」は忙しい分、新人に教えている暇はありません。
一枚でも多くの処方箋、より確かな技術が求められる職場です。
また「管理薬剤師」の経験がある薬剤師であれば、ほぼ心配ありません。
今までの経験や技術を大いに活用して、転職を成功させる事が可能です。

「ドラッグストア」の場合は少々ニュアンスが違います。
それは入社したての新人は「年齢や経験を問わず誰もが新人研修を受ける」と言う事です。
ドラッグストアの場合、薬局だけでは無いので、接客の技術も必要とされます。
しかし「新しい仕事を開拓したい」と言うのであれば、薬剤師のスキルを活かしながら、全く新しい分野を開拓できる、一石二鳥の職場でもあります。

CRC(治験コーディネータ)や、MR(医療営業)と言った、製薬会社で必要とされる新しい業種に関しては、本当のところ、仕事自体に薬剤師の資格がどうしても必要なわけではないので、全くの異業種「調剤薬局」や「病院薬剤師」でああった場合は、CRCやMRやCRC等、前職が直結した物であれば、優先して採用する企業は多いです。

40代の強みは、その経験と技術力の高さにあります。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜