HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の種類 > 薬物療法専門薬剤師

薬物療法専門薬剤師

薬剤師の種類

「薬物療法専門薬剤師認定制度」とは「薬物療法」において、周りから信頼される薬剤師を養成する事で、人々の「保健・医療・福祉」に貢献出来る事を目的として「一般社団法人日本医療薬学会」によって、2012年5月に発足されました。
「薬物療法」において、幅広く、また高い水準の「知識・技術・臨床能力」を持ち合わせ
る事で、チーム医療における、他の「医療従事者」と協力する事によって患者自身に対して最適と思われる「薬物療法」を実践することが出来る制度です。

現在「チーム医療」を推進する上で、薬のプロである「薬剤師」の担う役割は、非常に大きなもので、医師や看護師などの他の医療従事者との連携により更に、「高度」且つ「上質な医療」を提供する事が可能とされるのです。
既存の「認定薬剤師」と「薬物療法専門薬剤師」に関しての大きな違いは「臨床能力」を問われるところにあります。

「薬物療法専門薬剤師」の資格を得る為には「日本医療薬学会」が実施している「薬物療法専門薬剤師認定審査」に合格する事が必要です。

この「認定薬剤師」の申請資格としては、まず薬剤師としての「実務経験」及び「本学会会員歴」等も含まれる要件を満たす事が必要です。
要件の中には「薬剤管理指導の実績50症例(4領域以上の疾患)」の提出、定められた既定の研修施設において「5年以上の研修」及び「指導薬剤師」または「認定薬剤」の下での研修が必要とされています。

今後の展望としては「薬物療法専門薬剤師」の資格に対して、更に上乗せできる資格を有する事で、薬物療法は細分化され、様々な疾患へ「それぞれに合った対応」を最適な状態で治療を行う事が可能となります。
また、薬剤師の「視野」や「領域」を幅広くする為にも、まずは「認定薬剤師」「薬物療法専門薬剤師」の取得後「各専門領域の薬剤師」及び「薬物療法指導薬剤師」へとステップアップ出来る事が望ましいとされています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜