HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の種類 > 小児薬物療法認定薬剤師

小児薬物療法認定薬剤師

薬剤師の種類

平成24年度から創設された「日本小児臨床薬理学会」及び「日本薬剤師研修センター」において「薬剤師の専門性」を活かす上で「小児科領域」で必要とされる「小児薬物療法」に関しての「医療チーム」の一員また、適切な知識と技術を持ち合わせた「認定薬剤師」の養成の為に作られた制度が「小児薬物療法認定薬剤師制度」です。

小児患者とその家族の為の「適切な助言」及び「行動」を起こす事が出来る薬剤師は「小児科領域」においての、医薬品に関わる専門性を持ち合わせる事で「医療チームの一員」として必要不可欠とされています。

また、具体的な業務内容としては「小児科領域の医療チームの一員として薬物治療に参画」
「患者・保護者・学童に対しての、医薬品に関する適切な指導・助言及び教育を行う」と言う事が目的とされているのです。

「小児薬物療法認定薬剤師」の資格取得の為には「日本薬剤師研修センター」において認定された「小児科病棟」での「薬剤管理指導業務」の実施されている病院内で1日(原則6時間とする)「小児関連実務研修」を修了する事が「必須条件」とされています。
,ただ、この「認定施設」が自分の勤務している病院が含まれていたとしても、必ず「別の病院」での研修を行う事が義務付けられています。
また「免除」と言う制度は有りませんので、くれぐれも注意しましょう。

また「実務研修申込時」には「日本薬剤師研修センター」と「日本小児臨床薬理学会」が定める所定の研修「小児薬物療法研修会」を修了後、に試験を受ける事が出来ます。

「受講年度・番号」等を必要としますので「小児薬物療法研修会」申込完了をする事が条件ですので、それ以前には「実務研修」を申込むことは出来ません。これらを念頭に置いて「小児薬物療法認定薬剤師」の資格取得の為に頑張りましょう。

更に更新には3年毎とされ、必要な単位を取得し、講習を受ける必要があります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜