HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の種類 > 認定実務実習指導薬剤師

認定実務実習指導薬剤師

薬剤師の種類

2006年に薬学部が6年制になりました。それによって薬剤師になりたい人は6年間大学に通う必要があり、病院薬局実務実習を必ず受けないといけないです。病院薬局実務研修というのは実際に薬剤師になるために薬学生が病院や薬局の現場に行って実際に研修に臨みます。

病院薬局実務研修が始めるに当たり病院と薬局それぞれで薬学生を受け入れるための人材が必要になってきます。そこで日本薬剤師研修センターより認定実務実習指導薬剤師という認定資格が開始されました。実際にはこの資格を持っていなくても薬学生の指導に携わることはできるわけですが、認定実務実習指導薬剤師であれば指導方法を学んでいるわけですから、より体系的に指導を行うことができます。将来的には薬学生を研修として受け入れる時に職場に最低一人は認定実務実習指導薬剤師がいないといけないということにもなるかもしれません。

応募条件としては病院と薬局それぞれで定められています。薬剤師の実務経験が5年以上あり、病院や薬局における実務経験が現在までに継続して3年以上あり、現在病院や薬局に勤務していることが必要です。

資格の認定要件としてワークショップ形式および講習会形式での研修を受講する必要があります。ワークショップ形式の研修は連続した2日間(14時間以上)である必要があり、講習会形式の研修は1つの項目にかかる時間は1時間から4時間程度になります。

薬学生の指導に携わりたいというのであれば認定実務実習指導薬剤師の資格を取ってみてはいかがでしょうか。ただし、実務経験などが関係しますので条件に合っているかを確認する必要があります。認定実務実習指導薬剤師の認定の有効期間は6年間で、更新するためには研修を受けるなどの条件を満たす必要があります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜