HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の種類 > 日本禁煙学会認定認定専門指導者(専門薬剤師)

日本禁煙学会認定認定専門指導者(専門薬剤師)

薬剤師の種類

「喫煙」が身体に悪い影響を及ぼす事は、既に多くの人が知っている事実です。
主に「発癌・COPD(慢性閉塞性肺疾患)・心筋梗塞・脳梗塞」等の病気を発症する恐れもあり、平成20年4月より始まった「特定健診・特定保健指導」の際にも「メタボリックシンドローム」と並んで「喫煙歴」がある事で支援段階を厳しく判定される事になります。

最近は、間違った考え方を持つ方も増えて「軽いタバコ(低タール)なら大丈夫」と思われている場合がありますが、これは大きな間違いです。
正しい「喫煙の及ぼす影響」について学ぶ事は「禁煙」へ繋がり、更には健康な体を取り戻すきっかけにもなるのです。

「日本禁煙学会」における「日本禁煙学会認定専門指導者」とは、これらの支援・指導をする為に必要とされる「専門薬剤師」を指します。
主な目的は「禁煙・受動喫煙防止に関する学術研究・調査の推進」「医師を始めとする医療関係者及び、禁煙に関心を持つ一般の方々の禁煙および受動喫煙防止を推進する」こととされています。

「日本禁煙学会認定専門指導者(専門薬剤師)」の資格取得の為には、まず「禁煙サポーター」になる事から始まり、その後試験を受けた後「日本禁煙学会認定指導者」となる事が必要です。
「専門指導者」になる為には更に、様々な条件があり「卒後5年以上・5年間の禁煙指導歴」及び「禁煙講習会での講師歴」または「禁煙学会発表・学会誌発表」などの条件をクリアした上で、必須となる「日本禁煙学会研修カリキュラム」の履修で、「専門指導者」の受験資格を得る事が出来ます
試験合格後には「専門指導者」となれるわけですが、今後ますます「禁煙運動」は盛んになる事と思われます。
そういった場合の「禁煙外来」等においての、カウンセリングなどにも充分対応できる事で、需要が増えている「専門薬剤師」は需要が多い「専門薬剤師」と言えるでしょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜