HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の種類 > 日本医療薬学会認定薬剤師

日本医療薬学会認定薬剤師

薬剤師の種類

「認定薬剤師」とは「専門領域において最新の知識・技能を持つ薬剤師」であると同時に「薬のエキスパート」とされています。
現在の「医療現場」では、常に最新の薬学的専門情報が必要とされています。
その為、薬の専門家である薬剤師は、これらの「知識と技術」を、チーム医療において「患者様への効果的で安全な治療」を行う為にも必要不可欠とされているのです。

この様な「高度の知識と技術」を兼ね備えた薬剤師を「認定薬剤師」と呼びます。
薬剤師の中でも「一定のレベルに達した薬剤師」を認定する事で、よりレベルの高い薬剤師の証明となります。
現在日本の薬剤師な中で約1万人が「各種認定制度」において「認定」を受けています。

「薬剤師認定制度認証機構」が2004年に設立された事をきっかけに、現在多くの団体が「研修認定制度を評価・認証する機関」として認証され「生涯研修認定制度」を実施していますが、その団体の一つに「日本医療薬学会」も含まれています。

「日本医療薬学会」の「認定薬剤師制度」とは「薬の専門家として、広範囲の知識と錬磨された技能を備えた薬剤師」である事、更に「良質かつ安全な薬物療法の提供」「医療薬学の普及向上」を目的として、1998年に発足されました。
また他の「生涯研修認定制度」を実施している機関において、一般的に「専門薬剤師」と呼ばれているものに関しては「指導薬剤師」とされ「日本医療薬学会」における「認定薬剤師」の中から、一定の条件を満たした薬剤師で、新たな「認定薬剤師」を養成・指導に当たる事を承認された薬剤師とされています。

「日本医療薬学会認定薬剤師」の取得は、様々な分野に細分化され、比較的難易度が低い物から、高度なものまで幅広く実施されています。
また「チーム医療」において「特定の医療分野」の高度な「知識・技量、経験」を持つ薬剤師を多く輩出している「生涯研修認定制度」を実施している機関と言えます。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜