HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の種類 > 感染制御認定薬剤師

感染制御認定薬剤師

薬剤師の種類

医療機関において脅威として存在しているのが感染症です。感染症は新しい種類のものがどんどん増えてきています。特に入院患者がいる病院で感染症を発症してしまうと患者さんや医療スタッフなどに多大な影響を与えます。

医療機関においては感染症を治療したり予防する体制を整えるために感染制御チームを作るべきだと言われています。感染制御チームは医師や看護師、薬剤師、検査技師などのスタッフで構成されます。病院の外から持ち込まれる感染症に対しては感染源や感染経路を把握し、出来るだけ広がらないようにしないといけません。

感染制御においては各医療機関で自分たちの責任において行う必要があります。しかし、感染制御は感染症に関する専門知識と技術が必要になるにもかかわらず、感染制御の専門家というのは極めて少ないのが現状です。

感染制御という専門分野で重点的に仕事をやってきた薬剤師は一般社団法人日本病院薬剤師会によって認定される感染制御認定薬剤師という資格を目指すという手があります。この資格を取得することによって感染制御に関する最新知識を獲得し、経験を積んでいることが客観的に認められます。

感染制御認定薬剤師になるためには薬剤師として5年以上の経験を有し、施設内において感染制御チームの一員として3年以上経験することが必要です。また、薬剤師として感染制御に携わった内容を20例以上報告し、講習会に10単位以上履修することで始めて感染制御認定薬剤師認定試験を受けることができます。

この資格の認定期間は5年間ですので、もし更新をするというのであれば引き続き資格取得するのと同様の研修などを受ける必要があります。世界に比べて日本の感染制御のレベルはそれほど高くないので、レベルを上げるためにも感染制御を専門とする薬剤師が求められています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜