HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > 卸の薬剤師

卸の薬剤師

薬剤師の勤務場所

「医薬品卸」とは「医薬品の物流に関わる会社」の事です。
様々な医薬品を取り扱い、薬局や病院、その他の医療施設からの発注に対して、仕入・納品を行います。
その為、医療施設などへの的確な製品情報を提供する事は大切な事で、多くの医薬品情報を集める必要があるのです。

薬剤師は、薬のプロとしての幅広い知識を持つ為、「医薬品の品質保持」と「適正な販売を支える」事が主な役割となっています。
卸の薬剤師は、医療機関への的確な情報提供は、お得意先からの信頼を得る為にも必要不可欠な業務です。
その為、様々な情報を扱う事で、広範囲での知識が必要とされます。
つまり薬剤師は「卸会社」にとって重要な専門職であり、情報のスペシャリストとも言えるポジションなのです。

営業である「MSの教育」・「医薬品適正使用のためのセミナー開催」・「医療機関からの質問に回答する」等、他にも様々な業務があります。
更に「毒薬」や「覚醒剤」等、特に注意が必要とされる製品も扱う為、それらを納品した「お得意先」に関する情報管理も重要な業務の一つです。
これは、意図しない「違法な取引」が行われないようにする為の予防策です。

卸の薬剤師の年収は、500万円程度で、調剤薬局や病院の薬剤師と比べて高収入と言えます。
また、管理薬剤師になれば、年収700万円程度となる等、様々な手当もつきますので、年収を増やしていく事も可能です。

特定の医薬品情報に偏らず、食品から医薬品まで全ての医療情報を扱うことが出来る事が、卸の薬剤師における魅力の一つです。
卸会社は、仕事内容によって会社の規模も異なる為、良く調べた上で、勤務先を決める事をお勧めします。

薬のプロとして幅広い知識を得たい、活用したいと言う人には適した勤務先だと思われます。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜