HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > 自衛隊

自衛隊

薬剤師の勤務場所

変った勤務先には自衛隊で勤務する「薬剤官」があります。
まず「薬剤官」の場合は「自衛隊」の「幹部候補生」になる必要がある為、精神的にも、肉体的にも、かなり厳しい物があります。

「幹部候補生」となる為には「幹部候補生学校」の試験に合格しなければなりません。
この受験には厳しい制約色々あります。
募集要項の一部を見てみると、年齢制限は「20歳以上28歳未満」とありますので、当然「6年制」を卒業した薬学生には、時間的にも余裕が無いので、この選択肢は早めに結論を出して動き始めなければなりません。
この他にも、身長制限が男性は155以上、女性は150以上、また視力検査などもあり、受験資格を得る為には、身体的に無理な場合もあります。

受験合格後の「幹部候補生」は、全員「幹部候補生隊の寮」で規則正しい集団生活をする事になりますので、集団生活や、規則正しい事が苦手な薬剤師には向いていません。

「幹部候補生学校」において1年間の「教育訓練」を受けます。
更に「薬剤官」は東京都内の「自衛隊中央病院」にて、約1年間の「薬剤実務研修」を終了後「薬剤官」として初めて働けます。

勤務地は、「薬剤官」は全国を回るので、その時々で変わります。
また「復興支援活動」等で、外国へ、他の自衛隊員の医療的サポートを目的で参加する事もあります

厳しい職場ではありますが、良い面もあり、身分としては「特別国家公務員」なので、福利厚生面が充実しています。
住居手当・扶養手当・地域手当に加え・航空手当や乗組手当、航海手当等の手当ての支給に加え、週休2日・祝日・年末年始、夏季特別休暇、年次休暇等、休日面もしっかりしています。
初任給は平成26年4月1日現在で、「6年制薬学部卒」で235,800円、「4年制薬学部卒」で214,900円となっています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜