HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > 製薬会社

製薬会社

薬剤師の勤務場所

製薬会社は薬剤師にとって人気の就職先の一つです。基本的に製薬会社は福利厚生がしっかりしたところが多く、土日祝日は休みが取れることが多いので、長く働くことができやすいです。

製薬会社の花形職種と言えば研究職ではないでしょうか。難病を治療できるような薬を開発するために世界中の製薬会社がしのぎを削って研究をしています。難病を治療できる効果が高い新薬を作りだすことができれば莫大な利益につながるので、一番お金を使う部署になります。研究職は薬剤師であれば誰にでも就くことができる職種ではなく、大学院まで進学してからそういう職に就職するのが一般的です。

製薬会社の求人の中で最も採用数が多い職種と言えばMRです。MRというのは医薬情報担当者と言って、自社の医薬品に関する安全性や有効性などといった情報を医師や薬剤師に提供するというのが主な仕事です。確かに営業的な側面もありますが、そういう役割はどちらかというと医薬品の卸商が担当し、MRは医薬品の情報を伝えるという役割分担を行っています。

MRという仕事は医薬品に関する知識をすでに持っている薬学部の人にとって有利に働きますが、それ以外の学部の人でも就くことができます。文系学部の人でもMRに慣れるというチャンスはありますので、医薬品に興味があるのであればぜひとも挑戦してみてください。

製薬会社では薬を作る製造部門に管理薬剤師を配置しなければいけません。管理薬剤師の仕事は製造される薬の品質を確保することとそれに伴い薬事関連事項を厳守させることが中心となります。万が一不備のある医薬品が販売された場合には利用者に多大な迷惑がかかります。医薬品の品質管理に責任を持つことが必要になる職種です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜