HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > PMS(市販後調査)

PMS(市販後調査)

薬剤師の勤務場所

PMSとは「Post Marketing Surveillance」の略で日本語では市販後調査と呼ばれています。新薬が販売された後に行われる有効性や安全性の確保を図るために調査を行います。新薬が開発されるまでというのは多大な時間と費用をかけるわけですが、それは全てにおいて完璧というわけではありません。臨床試験においては高齢者や妊婦などの特殊な人に関して行うことができないので、新薬が販売されたらそれでいいということにはならないです。

新薬が販売されたら臨床試験とは違う環境で用いられることが十分に考えられるので、想定外の効果や副作用が出ることが十分にあり得ます。実際に使用した際のデータというのは販売されてから多く集まってくるものです。

そこで必要となるのがPMSということになります。臨床試験では行われなかったデータを収集するために医師に依頼して再審査のための資料を作成してもらいます。こういう情報というのは製薬会社によって分析が行われ、厚生労働省に報告したり、フィードバックという形で医師に伝えます。こういう情報というのはMRが収集します。

PMSというのは主に3つの調査を行います。1つ目は市販直後調査と言って新薬が発売されて6ヶ月間にわたってそれを扱っている全医療機関において主に副作用などの安全性情報を収集します。2つ目は使用成績調査と言って普段の診療において使用した際の安全性や有効性などを調べます。3つ目は特別調査と言って臨床試験でカバーできなかった高齢者や妊婦などを対象とした調査を行います。

新薬が販売されてもその薬の妥当性を調査することによって、臨床試験の不備をうまくカバーしています。再審査の結果効果が無いと判明した場合は承認取り消しになる場合もあります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜