HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > 特許事務所

特許事務所

薬剤師の勤務場所

薬剤師の勤務先としては、あまり知られてはいいませんが「特許事務所」があります。
「特許事務所」は特許取得に関連する仕事で、男女間で差が出にくい事もあり、仕事に打ち込みたい女性に人気の職場です。

「特許事務所」では、化学・工学等を始め様々な分野の「特許申請・登録」を行う事が、主な業務内容となっています。
特に「新しい医薬品の申請・登録」に関しては、特許取得のための特許明細書作成の際に、医薬品関連の専門知識を必要とする為、薬剤師を始めとした「医薬品関連資格保持者」を必要としているのです。

「特許事務所」内での薬剤師の主な仕事は、事務関係が殆どで「新薬の登録のための事務書類の作成」等、製薬会社の手伝いをする事が主になります。
「他の医薬品製造法等の特許事項に抵触していないか」「時期的に問題がないか」等の調査や、「特許申請に関する文献の確認」から「研究者からの書類をまとめる」「書類を庁へ提出する際の確認作業」等が含まれます。
しかし「特許申請のための鑑定」「問題になった際の裁判関連作業」「相談役としての企業コンサルタント」等「弁理士資格」が必要となる業務もありますので、併せて「弁理士資格」を取得する事で、仕事の幅を広げる事が可能です。

新卒での採用は少なく、既に知識を豊富に持っている製薬会社等の勤務経験者での中途採用が殆どで、年収は平均して400万円~600万円とかなり高額です。
また「弁理士資格」や、海外への特許申請をする際に「文献を読める」「翻訳が出来る」等の「英語力」を身に着けている事で、更に高い年収が可能となります。

文献検索や、書面上の調査が得意と言う薬剤師の方であれば「力仕事が苦手」「動くのが得意ではない」と言った人でも向いている勤務先の一つです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜