HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > OTC販売(ドラッグストア)

OTC販売(ドラッグストア)

薬剤師の勤務場所

OTCとはOver The Counterの略で対面販売によって薬を購入するということを意味しています。以前であれば大衆薬とか市販薬と言われてきたわけですが、最近はそういう言い方よりも国際的な表現であるOTC医薬品という言葉が使われています。

OTC販売は医師に処方してもらう医療用医薬品ではなく、薬局やドラッグストアなどで販売している一般用医薬品と要指導医薬品が対象になっています。これらの医薬品は自分で選んで購入することができるものです。

OTC医薬品は薬の使用方法の難易度や飲み合わせ、副作用などの項目によって要指導医薬品と一般用医薬品に分かれます。一般用医薬品はさらに第1類と第2類、第3類の3段階に分かれます。

要指導医薬品と第1類医薬品は副作用や飲み合わせなどの項目で安全上特に注意を要する必要があるものです。そのため、利用者が薬剤師の説明を聞かずに購入することが無いように、すぐに手が届かないような場所に陳列しています。購入する時は対面で書面による情報提供が義務付けられています。要指導と第1類の違いは、前者がインターネットや通販での販売が不可になっているのに対して、後者はこれらの販売が認められている点です。

第2類医薬品は副作用や飲み合わせなどの項目で注意を要するわけですが、自分で製品を手に取って購入することができます。薬剤師による情報提供に関しては努力義務となります。第3類医薬品は第1類や第2類に該当するもの以外の一般用医薬品に当たります。両方ともインターネットや通販での販売は可能です。

OTC医薬品は自分で選んで購入できるのはいいこととしても、手に取った薬に関して疑問があるのであれば積極的に薬剤師に質問するようにしましょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜