HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > CRC(治験コーディネーター)

CRC(治験コーディネーター)

薬剤師の勤務場所

CRCというのは治験コーディネーターと呼ばれており、臨床試験の進行をきちんとサポートを行うのが仕事です。主に被験者に対する同意説明や心のケア、臨床試験のスケジュール管理や服薬指導などを行います。CRCになるために必要となる資格は特にありませんが、仕事上医療知識が欠かせないことから看護師や薬剤師、臨床検査技師の資格を持つ人が就くことが多いです。

CRCは被験者と医療機関スタッフの立場から臨床試験をサポートする立場になります。もしかするとCRAと呼ばれる臨床開発モニターと業務内容が似ているのではないかと思うかもしれませんが、どういう立場で臨床試験に臨むのかというのが微妙に違います。CRAというのはどちらかというと製薬会社からの立場で臨床試験をサポートしていきます。

臨床試験を実施する前にCRCが行うことと言えば、医師と一緒に臨床試験が行えるかどうかの調査や事前準備を行います。それとともに重要な業務と言えば、臨床試験の被験者に対して臨床試験の内容を分かりやすく説明を行い、同意説明文書を作成します。

臨床試験を実施する時には被験者の選定や来院予定日の調整、薬の服薬状況の確認など医療機関スタッフの代わりに被験者とのやり取りを行っています。それらの内容を医師にきちんと伝えることが重要になります。医療機関スタッフと被験者の間に立って臨床試験がうまくいくようにサポートします。

臨床試験を実施した後でもやらなければいけない業務があります。臨床試験を行っている時には被験者のことをモニタリングをしているわけですが、副作用が起こっていないかなどの情報を収集する必要があります。実施後に回収されるデータなどを収集したり管理したりすることが求められます。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜