HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > 麻薬取締官

麻薬取締官

薬剤師の勤務場所

麻薬取締官とは、違法な麻薬の流通と犯罪の取り締まりを行う仕事です。
特別司法警察官としての権限を持っているので、警察官同様、武器の所持・逮捕行為も認められていますが、所属は警察庁ではなく、薬物を扱うということで厚生労働省となります。

麻薬にもさまざまな種類があり、中には医療用として使われているものも存在します。
これを「医療用麻薬」と呼び、厚生労働省の指導・監督の下で使用が認められています。
「医療用麻薬」と呼ばれるものは、癌の痛み止めとして用いられる「モルヒネ」や、市販の風邪薬に微量ではありますが含まれている「コデイン」が挙げられます。
これらは、適切なルートで流通され、病院や製薬会社で使用されています。
その為、定期的な立ち入り検査をする事で、不正使用の防止に努めています。

「不正麻薬」と呼ばれるものには、「覚せい剤」や「麻」「ヘロイン」「コカイン」「MDMA」などが挙げられ、海外からの密輸入によって、日本国内へ持ち込まれる事が殆どです。
この「不正麻薬」と呼ばれる麻薬は、依存する危険性が非常に高く「人格破壊」に繋がる恐れもある為、取り締まりをする事で、それらを使用した被疑者による殺人などの二次災害の可能性を防止、または直ちに取り締まる必要があります。
また「睡眠薬・精神安定剤」は、うつ病などの患者に対し「向精神薬」として処方されていますが、「睡眠薬」や「精神安定剤」も乱用による身体への悪影響を及ぼす危険性がある為、日本では取り締まりの対象となっています。

これらの業務以外にも「薬物使用の相談と啓発」等、厚生労働大臣の指揮監督のもと、「薬物五法」(麻薬及び向精神薬取締法・大麻取締法・あへん法・覚せい剤取締法・麻薬特例法)に違反する罪及び、それに付随する薬物犯罪においての職務を行っています。

この様に、薬物に関する多くの専門知識が必要となるため、麻薬取締官の約半数は薬剤師
が占めています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜