HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > MR(医療情報担当者)

MR(医療情報担当者)

薬剤師の勤務場所

MRはMedical Representativeの略で、医薬情報担当者と呼ばれている職種です。具体的には医師に対して自社で販売される薬の成分や効能について説明を行います。日本では薬の営業を兼ねることが多いですが、医療用医薬品を中心に扱っています。

MRとして仕事をするためには専門機関(医薬情報担当者教育センター)によるMR認定試験に合格する必要があります。この認定試験には解剖生理とか市販後調査、一般薬理学などの知識が問われます。MRになるためには薬学部で無いとなれないというわけではなく、文系学部出身であってもなることができます。

MRの仕事内容というのは大きく分けて4つあります。1つ目は自社の医薬品を利用してもらうようにすることです。2つ目は役割が異なるさまざまな医療関係者に対して必要となる情報を提供することです。3つ目は自社の医薬品を使用した際の情報(品質や安全性、有効性など)を医師や薬剤師から積極的に収集し、安全管理統括部門に報告します。4つ目は3で収集した情報を医療関係者にフィードバックすることです。

MRとして必要なことの一つとして明るく医師と接することができるかどうかというのがあります。医師と付き合うのも一つの仕事ですので、さまざまな医師と出会っていろいろな情報のやり取りを行います。

医薬品を使用する時は場合によって患者さんの命に直結するので、日頃から最新の医療情報を仕入れたり、研修会への参加をしたり、海外の医学論文を読むなどMRになってからも相当な勉強をしないといけません。自社の医薬品を通じて病気などで苦しんでいる患者さんを助けることができる仕事なので、それなりにやりがいが持てる仕事です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜