HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > メディカルライター

メディカルライター

薬剤師の勤務場所

あまり耳にしない「メディカルライター」と言う仕事があります。
この仕事は「健康・医療」に関する専門情報を、適切な文章におこし、各方面へ発信するライターの事で、簡単に言えば「医薬関連専門のライター」です。

この仕事は、ライター未経験であっても転職は可能で、更に、現在ライターの不足もあり、求人も増えつつあります。
一般の方にも「メディカルライター」をされている方もいますが、「薬剤師」という医療系の国家資格を持っているだけで、就職・転職は圧倒的に有利と言えます。

「メディカルライター」には二つの分野があり、「メディカル・ライティング(テクニカル・ライティング)」と、「メディカルコピーライター」(ヘルス・コミュニケーション)の二種類に分けられます。

「メディカル・ライティング」は主に専門家や製薬業界内の医療従事者に向けで、研究成果発表などに携わる仕事で、「医薬品・医療機器の開発計画」として承認に必要な書類や報告書の作成が主な仕事内容です。
こちらは、製薬会社やCMO(医薬品製造受託会社)での勤務となります。

「メディカルコピーライター」の主な勤務先は、医療系の広告代理店が多く、一般向けの情報発信の為、新薬がでた際の「薬局向け薬剤師専門雑誌」や、一般向けの「パンフレット」等を手掛けます。
また、医薬品や医療機器の販売促進の為の「文章・キャッチコピー」を手掛ける他、販促活動の一つである、製薬会社名入りのボールペやパンフレットの製作、お薬手帳などのアイデアを出す事も仕事になります。
こちらは、在宅勤務も可能な場合がり、職場を離れていた薬剤師でも文章を書くことが好きであれば、気軽に始められます。

年収は、400万円程度ですが、キャリアを積むことで、800万円程稼いでいる人もいます。
ただ、薬剤師本来の業務である調剤などの仕事はない為、1度転職するとライター歴が長くなる程、調剤薬局などへの転職が難しい事が難点です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜