HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > 化粧品メーカー

化粧品メーカー

薬剤師の勤務場所

化粧品は女性が毎日使用する身近な商品なので特に研究開発職を希望している薬剤師が多くいます。化粧品は直接肌につけて使用するので、肌のトラブルや人体のトラブルなどがあった場合にはとても大きな騒ぎになりますので注意しないといけません。

化粧品メーカーで薬剤師が活躍できる職種としては基礎研究や新製品開発がありますが、研究所で専門分野の研究だけでやればいいというわけではありません。美容師や営業、広告などのほかの職種とチームを組んで新製品についての企画段階から開発に取り組むことが多いです。場合によっては皮膚科医師との共同研究を行うこともあります。

製薬メーカーの研究開発と化粧品の研究開発はやっていることにさほど違いが無いということが言えるわけですが、化粧品の研究開発の場合は直接お客様の反応を直接知ることができるわけですから、そのことが新たな刺激につながってきます。

化粧品の場合は医薬品ほど多くの時間が割けるわけではなく、時代の影響を受けてそれによって売り上げが左右される可能性がありますので、スピーディかつ時代に合わせた商品開発を行う必要が出てきます。同じものであっても季節に応じて何度も商品を出しますので、常に新しさを求める必要があります。

化粧品は人に対して使用するものですので、なるべくなら身体にやさしいものを作ることが求められています。そういう意味では薬剤師というのは大いに役立つことになりますが、製薬会社を目指すほどそんなにアドバンテージがあるわけではないです。化粧品メーカーの研究開発には薬学部出身だけでなく理学部や工学部、農学部などもいます。

化粧品メーカーに就きたいと思っている女性薬剤師が多くいますが、仕事内容についてはよく理解した上で選ぶようにしてください。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜