HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > 薬事情報センター

薬事情報センター

薬剤師の勤務場所

各都道府県の「薬剤師会」によって運営されている組織を、「薬事情報センター」と言います。 これは、管轄する地域内において、住民の「保健衛生」を「維持・向上」させる事を目的として設置されています。 ここでは、医師・看護師及び薬剤師が、地域医療において、その職能を最大限発揮する為に必要とされる、医薬品情報の提供が行われています。 医療従事者だけでは無く、一般の方の間でも医薬品に関する疑問や不安を抱かれる事が多く、そういった地域住民に対しても、電話やメールによる問い合わせに対応するなど「DI業務」が主な業務内容となっています。 その為、医薬品における「副作用」や、臨床現場における「データ」等の、医薬品に関する膨大な情報を、「収集・管理」する事が重要な業務とされます。 ただ、都道府県の運営規模や人員数は地域によって格差が有る為、小規模の場合ですと、情報提供量に限界があります。 その為現在では、各都道府県の「薬事情報センター」が連携し、情報をネットワーク化する事で、全国の薬事情報センターの情報を、共有する事が可能となりました。 これによって「薬事情報センター」は、一つの「DIセンター」として、強力な機能を発揮する事が出来るのです。 また、医薬品情報提供の為に必須とされている情報源は「医療系専門雑誌」です。 これは、各センター内で、必要性の高いと思われる雑誌を選択し、担当者がその保管を行っています。 こう言った情報提供の為の資料等は、数量も増えて行くので、選別や保管場所の確保が難しいのが実情でしたが、現在は全国のネットワーク化が行われた事で、それぞれの所有する専門雑誌の情報を共有でき、保管する専門雑誌をある程度絞り込む事も可能です。 今後の医療業界において、「医療情報センター」における情報機能は、可能性を充分含んでおり「DI業務」に興味のある薬剤師にとって、理想的な職場と言えます。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜