HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > 慢性期病院と急性期病院

慢性期病院と急性期病院

薬剤師の勤務場所

病院には、症状が安定していて、長期の療養を目的とした患者様を対象としている「慢性期病院」と、急性疾患の患者様を対象とした「急性期病院」の2種類あります。
また、この2種類を混合した病院を「ケアミックス」と呼びます。

病院薬剤師業務は、通常行われる「調剤業務」「服薬指導」に加え「注射製剤の調剤」や「治験業務(治験薬の管理と、進行の支援)」と言う病院薬剤師でなければ経験できない業務もあります。
その他にも「医薬品情報の管理」「医薬品の管理と供給」等、様々な業務があります。

特に「急性期病院」においては、チーム医療が中心とされている為、薬剤師自身が自ら病棟へ赴き、患者様に服薬指導を行います。更に「適切な服用をしているかどうか」「効果・副作用の有無」を直接チェックし、患者様の情報を得た上で、医師や看護師と共に最も有効な「薬物治療」を考えて行きます。
また「急性疾患」の患者様の場合、日々症状に変化がある為、薬の処方も変わる事が多く、多忙を極める業務と言えます。

これに対して「慢性期病院」では、主な薬剤師業務はほぼ同じですが、入院している患者様は、基本的に症状が安定している為、調剤業務も毎日同じ処方内容が殆どとされ、急性期病院よりはのんびりしています。
ただ、長期療養をされている患者様が多いので、薬や治療に対する不安や疑問を持つ事で、精神的に弱っている場合もあり、こういった患者様には特に「コミュニケーション」を取る必要があります。

転職の際に、薬剤師としての「専門性」や「スキルアップ」を目的として「急性期病院」を希望する方が多いようですが、基本的に病院側では「その病院のやり方」を受け入れられやすい新卒を採用する傾向が強く、中途採用枠としては、即戦力である「病院経験者」が条件とさる事が殆どです。

「慢性期病院」に関しては、薬剤師不足もあり、中途採用枠が多く、比較的転職しやすいと思われます。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜