HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > 学校

学校

薬剤師の勤務場所

薬剤師の就職先の一つとして学校があることをご存知でしょうか。日本の学校は学校保健法第16条に定めがあるように大学以外の幼稚園や小学校、中学校、高校などの学校に学校薬剤師を必ず置かなければいけないです。

学校薬剤師の職務は学校保健法施行規則に規定されている通り、学校の保健安全計画を作成し環境衛生検査を行います。具体的には教室の空気や湿度が適切か、教室に十分な明るさがあるか、学習の妨げになるような騒音があるか、給食施設の衛生環境が適切か、プールの水質と付属設備の管理状況や衛生状況はどうなのか、理科室や保健室の薬品は適切かなどを確かめます。問題があった場合には指導して適切な状態にします。

その他にもPM2.5や放射線などの検査を行わないといけないですし、違法ドラッグなどの薬物乱用を防ぐ教育を行ったり、医薬品を適切に利用するための啓蒙活動を行ったりします。学校で生活している生徒や教師の健康を守るためにあらゆる観点から学校の衛生管理を行います。

学校薬剤師の仕事は薬剤師としての知識を活用することが求められますし、学校現場で働きますので教育に関する理解についても求められます。教育に携わることになりますので教育者として人間的に適格かどうかも採用基準になります。

学校薬剤師は学校に常勤しているわけではなく、教育委員会から任命を受けた非常勤職員になり契約は1年ごとになります。自分が学校薬剤師になりたいからと言っても各学校で採用活動を行っておらず、市町村の薬剤師会の正会員になることがまずは必要です。薬剤師会が希望者を募集して、その中から1年契約で学校薬剤師が決まります。ただし、市町村の薬剤師会の正会員は薬局の経営者や管理薬剤師など各店舗につき1名までと決まっています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜