HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の勤務場所 > 転職前に知っておこう!ドラッグストア薬剤師の業務内容とキャリアアップ

転職前に知っておこう!ドラッグストア薬剤師の業務内容とキャリアアップ

薬剤師の勤務場所
薬の画像

ドラッグストア薬剤師の仕事

ドラッグストアは主にOTC医薬品を販売していますが、その他にも生活雑貨や食料品も販売していることがほとんど。最近は調剤薬局を併設しているドラッグストアも多いので、調剤業務を行う店舗もあるんですよ~。

OTC医薬品と医療用医薬品の違い

OTC医薬品(一般用医薬品)薬局・ドラッグストアなどで販売されている医薬品
医療用医薬品主に医師が処方する医薬品

ドラッグストアの薬剤師に求められるのは、主にOTC医薬品の販売です。

OTC医薬品とは、ドラッグストアや薬局で販売されている一般医薬品(第一種,第二種,第三種)と要指導医薬品です

薬剤師からの説明陳列場所通信販売
要指導医薬品必要手の届かない場所
第一種医薬品必要手の届かない場所
第二種医薬品必要手の届く場所
第三種医薬品不要手の届く場所

医療用医薬品と違い、OTC医薬品はお客さん自身が選んで購入できるというところがポイント。

OTC医薬品の場合は処方箋が必要ありません。その分、利用者の症状をしっかり聞き、適切な商品をオススメすることと、正しい使い方を教えてあげるのがドラッグストア薬剤師の役目です!
場合によっては、お客さんが希望する薬以外のものをオススメしなければいけないこともありますが、しっかり説明できるようにしておきましょう。

 

最近のドラッグストア

最近は、調剤薬局を併設するドラッグストアも少なくありません。そのためOTC医薬品の販売業務だけでなく、処方箋の受付や調剤業務、投薬指導というような調剤薬局と同じ仕事だってできますよ~!

2009年から薬事法が改正され、OTC医薬品の中でも副作用のリスクが低い第二種や第三種の医薬品は登録販売者でも販売できます。しかし第一種医薬品と調剤業務に関しては専門性があるので、引き続き薬剤師がいなければ販売できないんですね。
ドラッグストアには薬剤師が不可欠になりつつあるのです!

ドラッグストアと薬剤師

「医薬品に関する仕事だけ」と思っていたら、それは大間違い。
特にドラッグストアでは、医薬品以外の商品も販売しています。薬剤師としての業務の他に、商品の仕入れや品出し、レジ打ち、販売、アルバイトの管理など、様々な業務があることもお忘れなく。

 

都会と地方のドラッグストアの違い

ドラッグストアというと、薬以外の商品も購入できるイメージが強いのではないでしょうか。
そこで、実際に都会と地方ではどのような違いがあるのかについて話していきますね。

都会にあるドラッグストアの特徴

都会のドラッグストアは、駅構内やモール街の一部にあったり、ビルテナントといった形式の場合が多いです。
例えば駅の改札を出てすぐのところにあったり、ビルのワンフロアにあったりするのを見たことありませんか?

特に駅構内やビルテナントでは、通勤・通学途中のOLや学生が利用する場合が多く、他にはオフィス街で勤務する人にも利用されます。
そのためOTC医薬品の品揃えも、頭痛薬や胃腸薬、風邪薬など一般的な商品が棚を占めている場合が多く、ドリンク剤も豊富に取り揃えてあることが特徴ですね。また、化粧品やストッキング、キャンディーやお菓子といったバラエティー豊かな商品を取り扱っています。

そのため薬剤師であっても、若い男女に需要の高いビタミン剤やサプリメントの知識も必要とされます。また、時間的にも余裕のないお客さんが多いので、迅速な対応をしなければなりません。

地方にあるドラッグストアの特徴

一番の特徴としては、車で行くお客さんが多いということです。
そのため店内にある商品も、大型の衣装ケースやペット用品、布団、洋服など大きめの商品を取り扱っている場合が多いですね。医薬品にしても老若男女のお客さんから必要とされるので、多種多様な品揃え。医薬品売り場だけでもかなりの広さになります。

さらに、高齢者の客層が多い地方では、介護用品の取り扱いが豊富であったり、場合によっては取り寄せや配達を行うドラッグストアもあるんですよ~。

給与に関してですが、大手のドラッグストアで働くのであれば全国一律の場合が多いため、都会でも地方でもたいして変わらないんですよ!
地方で働くという穏やかさは魅力の一つかもしれませんね。

 

店長としてのキャリアアップ

どんな人にオススメ?

「やりがいのある仕事をしたい」と思い、転職活動をする人も少なくないのではないでしょうか。しかし年収も捨てがたいという気持ちも…。
そんな人にオススメなのが、ドラッグストア薬剤師の店長です!店長になることで年収もかなり上がるんですよ。

ドラッグストアの店長は調剤業務などの専門専門的な仕事やOTC医薬品の販売、接客などに加え、スタッフの管理や売上管理、チェーン店や本部とのやり取りなどの業務も行います。
そのため活動的な人にはやりがいも見出しやすい職場であるといえます。

転勤はあるの?

全国チェーンのドラッグストアの場合、転勤があるところもありますが、転勤をきっかけに店長へキャリアアップすることも可能ですよ。

現在ドラッグストアを含む医薬品取扱い店舗においては、必ず一人は薬剤師がいなければなりません。
経営者視点ではありますが、薬剤師と店長を別の人にすると最低でも2人は必要になってしまいます。しかし薬剤師と店長を兼任できれば1人で済むため、経営者からしても嬉しいこと。
つまりどういうことかというと、ドラッグストアで働く薬剤師は店長へのキャリアアップを狙いやすいということなんですね!

 

転職前に最終チェック!

自分が何を求めて転職するのか、しっかり確認しておきましょう。

ドラッグストア薬剤師は専門業務だけでなく、OTC医薬品の販売や接客業務も必須のため覚えることが多いです。しかしその分、薬剤師としての知識も増えますし、多くのやりがいを得ることができる環境です。
「もっとスキルアップしたい」、「新しい職場ではやりがいが欲しい」と思っている人には向いているでしょう。

さらに店長へキャリアアップすることができれば、高収入だって夢じゃありません!
スキルアップ、やりがい、高収入のいずれかを求めて転職するのであれば、ドラッグストアはオススメですよ。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜