HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 患者さんの声 > 「薬の情報が記入されたシールが薬袋に入っていたが、何の説明もない」

「薬の情報が記入されたシールが薬袋に入っていたが、何の説明もない」

患者さんの声

「薬の情報が記入されたシールが薬袋に入っていたが、何の説明もない」
「お薬手帳はお持ちですか」
もう当たり前のフレーズになりましたが、今はこの「お薬手帳」は、個人の既往歴・アレルギーの有無を始め、現在の投薬・服用の記録がされているので、万が一の場合にも、必ず携帯する事が望ましいアイテムです。
更に、現在は「義務化」されているので、このお薬手帳は必ず作った方がお得と言う事になります。

このお薬手帳に記載する内容・情報をシールにしたものを、患者様のお薬手帳に添付するわけですが、このシールを拒否される場合もあります。

基本的に、このシールの添付を含む、「薬剤服用歴管理指導料」と言うものが必ず含まれることになりますので、以前のよう「断ったから、お金節約できた」とはなりません。
薬剤師としては「義務」となっていますので、患者様に「拒否」されても必ず、このシールはお渡しされます。
投薬の際の「薬情を渡す」「服用の簡単な説明と注意を伝える・薬歴の記載」等、患者様の服用されている薬の情報を必ず記載しなければならなず、これを怠ると罰則が設けられています。

初回のアンケートだけでは、わからない事もあります。
服薬履歴を確認する事で、現在の患者様の対応に大きく役立ちます。
患者様の情報を収集した上で、特に何もない場合にも、「情報収集した」といことは記録として残さなければなりません。

この様に「薬剤師の義務が、患者様に知られていない反面、薬剤師自身も面倒くさがって、「薬情のシール」を、薬の袋に入れただけで、説明をしないまま終わらせている可能性もあります。

患者様も「お薬手帳」やその他の「薬剤師の義務」である業務を理解し、薬剤師も、その義務化された「薬情」や「説明」「薬歴の記載」等の「なぜそれが必要なのか」と言う「必要性の意味」を理解する事が大切です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜