HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 患者さんの声 > 「上から目線で見下した対応がある」

「上から目線で見下した対応がある」

患者さんの声

具合の悪い患者様にとって、薬局で処方されるお薬は、ただの医薬品ではありません。
治療を前向きに考え「治癒力」を高める為のアイテムでもあるのです。
勿論、お薬を服用するだけで、劇的に症状が良くなる事ばかりではありません。
効果が出ない場合もありますし、副作用があるかもしれません。

薬剤師の仕事は、医師の診断による処方箋を基に、患者様へ薬を処方する事ですが、病気で体調がすぐれない患者様は、心も塞ぎこんでいる場合が多い物です。
薬剤師は、そのような患者様の立場に立って、親身に相談に乗る事も必要です。

患者様からの不安や疑問・質問をじっくりと「聴き」、ゆっくりと丁寧に、患者様が納得の行くまで説明して差し上げる事が必要です。
その際にしてはいけない事が幾つかあります。
その一つは「専門用語を並べない」「横文字をなるべく使わない」と言う事です。

これらは、薬の専門家である「薬剤師」には何気ない事なのですが、「素人」である患者様にとっては、わからない言葉を使われる事で、不安が増幅してしまう場合や、疑問が更に疑問になってしまうケースもあります。
また、質問の回答に対して「後では説明書を入れておきますから、良く読んでください」
「今行った通りに、○○○してください」等、「当たり前の事をもう聞かないでくれ」と言わんばかりに、シャットアウトされてしまう事があります。

患者様は「わからないからもう一度判りやすく説明して欲しい」と思ったのですから、このような「上から目線で見下したような態度」を取られたことで「全く受け入れられなかった」と不快な気持ちにもなります。
更には気力が無くなり、薬剤師の心無い態度が、治療を妨げる結果にも繋がりかねません。

決して薬剤師は「上から目線で見下した対応」になってはいけません。
患者様の立場になり、心に寄り添う事が、治療の助けになる事を覚えておきましょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜